.
  滋賀県関連のニュースを掲載しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

滋賀 県:武豊、有馬連覇へ「サムソンはここを勝てる馬」=有馬記念最終追い切り




 
 うたのれんしゅう / 佐合井マリ子
 JRAの1年を締めくくるグランプリレース、第52回GI有馬記念(23日、中山競馬場・2500メートル芝)に向けて19日、滋賀県栗東トレーニングセンターで出走各馬の最終追い切りが行われた。今年の天皇賞春・秋を制した古馬の大将格メイショウサムソン(牡4=高橋成厩舎)は、コンビを組む武豊を背にDWコースで併走追い切り。抜群の瞬発力を発揮し、併せたパートナーに楽々の1馬身先着を果たした。

 前走のジャパンカップは惜しい3着と見るべきか? いや、メイショウサムソン陣営はこれっぽっちも惜しいなどと思っていない。悔しさだけが募る“まさかの”3着だった。
 「悔しかったですね。


お買い物は楽天で^^




勝ちたかったレースですから。ジャパンカップは負けたというよりも、落としてしまったという気持ちです。レースが終わってすぐに、有馬だけは絶対に負けちゃいけないという気持ちになりました」
 武豊がいまだ残る悔しさをにじませて語ったJCの敗戦。本人が強気に語ったように、有馬は何があっても負けられない気持ちで一杯だ。しかし武豊のこの言葉は、メイショウサムソンがいかに図抜けた馬であるかも表している。つまり“負けても仕方ない”で済まされる程度の馬ではないということだ。

 雪辱に燃える天皇賞馬の最終追い切りはDWコース。併走パートナーのジョイゲーム(障害未勝利)を5馬身先行させてのスタートだった。
 「相手があまり調教で走る馬ではないと聞いたので、後ろから行きました...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




スポンサーサイト

| 未分類 | 09:36 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://shigasaishin.blog117.fc2.com/tb.php/1920-b07bfefd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。