.
  滋賀県関連のニュースを掲載しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

滋賀 県ウオッカ絶好の動き、四位「この秋一番の出来」=有馬記念最終追い切り




 
 歌謡物語 山内一豊と妻千代 / 山口瑠美
 JRAの1年を締めくくるグランプリレース、第52回GI有馬記念(23日、中山競馬場・2500メートル芝)に向けて19日、滋賀県栗東トレーニングセンターで出走各馬の最終追い切りが行われた。今年、64年ぶりに牝馬で日本ダービーを制覇し、史上初となる3歳牝馬でのファン投票1位に選出されたウオッカ(牝3=角居厩舎)は坂路での単走追い。セーブ気味ながらも、迫力満点のフットワークで絶好調をアピールした。

 最終追い切りはもう余力残しで十分だった。騎乗した主戦の四位が調整過程について、こう説明する。
 「先週の時点でハードな追い切りをやっていたので、今週は坂路でサッと上がるくらいでという指示。具体的な時計の指示じゃなくて、乗った感覚で上がってきました。


お買い物は楽天で^^




行かせればナンボでも時計の出ちゃう馬ですからね、ちょっとセーブしながら乗りました」
 ゆったりと坂路コースをスタートし、四位の手はまったく動かず終始馬なりのまま。刻んだタイムは4F54秒6-1F12秒9と、見た目の数字こそ平凡だが、動きそのものはバネのきいたウオッカらしい迫力のフットワーク。手に残る感触を楽しむように、四位は笑顔で絶好調を強調した。
 「この秋一番の出来ですね。ジャパンカップの時は、エリザベス女王杯を取り消した後で、一度緩めてからの急仕上げでしたからね。でも、今回はジャパンカップが終わってからここ一本を目標に仕上げてきた。その意味でも、今回はこの秋一番の出来だと思います」

 右後ろ脚の蹄周部の炎症のためにエリザベス女王杯を当日回避し、一頓挫を挟んでの急仕上げだった前走のジャパンカップでも0秒2差の4着...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




スポンサーサイト

| 未分類 | 04:04 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://shigasaishin.blog117.fc2.com/tb.php/1916-3bb0c59d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。