.
  滋賀県関連のニュースを掲載しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大津 市:研究課題項目、60→14に 琵琶湖環境科学センター、中期計画案




 
【逢坂の関 四代目 藤三郎の紐】あの名品を4800円スタート!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071219-00000005-kyt-l25
 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター(大津市)の来年度から3年間の中期計画案が18日、センター評議員会に提示された。県の財政構造改革プログラムで試験研究費が大幅削減されるのを受け、現在の約60項目の研究課題を14項目に集約、生態系への影響など環境保全に向けた管理シミュレーション作成に重点を置く。
 水質汚濁メカニズム解明や湖岸生態系の保全・修復など、研究は基本的に県が提示した政策課題に沿って進められ、環境監視や既存データも活用して管理手法をまとめ、県に提言する。


お買い物は楽天で^^





 研究者が専門分野ごとに手掛けている基礎研究は、政策課題に対応したものに限られるほか、船など大型機材を用いたフィールド調査も縮小される。このほか、外部資金を積極的に獲得することも盛り込まれた。
 中期計画は2010年度までで、研究成果を11年度から始まる県のマザーレイク21第2期計画と第6期湖沼計画に反映させる。
 この日の評議員会では、データの総合解析による管理シミュレーション作成の強化を評価する声があった一方で、「研究者の能力に応じた自由な研究もできるようにすべき」との意見も上がった。



スポンサーサイト

| 未分類 | 21:01 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://shigasaishin.blog117.fc2.com/tb.php/1911-18f75eba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。