.
  滋賀県関連のニュースを掲載しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大津 市日の丸寄せ書き:太平洋戦争で戦死、栗山さんの遺品を返還したペリーさん来日 /滋賀




 
海洋パニック・セット 壊滅大津波 + ポセイドン・アドベンチャー(初回限定生産)(DVD) ◆20%O...
 ◇平和の証しに 遺族、同窓生と母校で対面
 ◇「兄とまた会えました」
 太平洋戦争末期にフィリピンで戦死した大津市出身の元日本兵・栗山武男さんの遺品である日の丸の寄せ書きを返還したロバート・ペリーさん(52)=米カリフォルニア州在住=が来日。15日、栗山さんの母校、県立大津商業高(旧大津商業学校)を訪問し、保管された日の丸の前で遺族や寄せ書きした同窓生らと対面した。終戦62年、兵士の遺品を縁に知り合った日米両国の人たちは平和を誓った。【鈴木健太郎】
 ペリーさんの父ルイスさんは米軍人としてフィリピンなどに出征したが、1961年に病死。ペリーさんは10歳の時、遺品の中に日の丸を発見した。


お買い物は楽天で^^




今年、友人で司馬遼太郎賞受賞の歴史学者、長谷川毅・カリフォルニア大教授(66)に、気がかりだった日の丸の返還を相談。長谷川さんは市を通じ母校や同窓会への返還を仲介した。
 同市御陵町の同高史料館であった対面式には、来日したペリーさんと長谷川さん一家、疋田勝司校長、栗山さんの同窓生に加え連絡が取れた栗山さんの妹・安田嘉子さん(81)ら親族4人も出席。
 ペリーさんは「栗山さんの旗が故郷に戻り父も喜んでいると思う。この旗を両国の平和の証しにしたい」と感慨深げに語った。安田さんは「旗と共に兄もふるさと・大津、両親の元に戻って来たのだと思っています」と感謝の意を述べた。また、兄と一緒に琵琶湖で泳いだり、端艇(ボート)部だった兄の舟を湖岸で見送った思い出を語りながら「兄とまた会えました」と涙をにじませていた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




スポンサーサイト

| 未分類 | 04:23 | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://shigasaishin.blog117.fc2.com/tb.php/1883-05240216

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。